• HOME
  • 記事
  • 対談
  • 【Jバスケ対談】vol.4 堀義人(サイバーダイン茨城ロボッツ オーナー)

【Jバスケ対談】vol.4 堀義人(サイバーダイン茨城ロボッツ オーナー)

今回のJバスケ対談は、サイバーダイン茨城ロボッツオーナーの堀義人さんです。

堀 義人(ほり よしと)
1962年03月28日生まれ 茨城県出身
《経歴》
茨城県立水戸第一高等学校、京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。
住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。
1996年グロービス・キャピタル設立。
2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任する。
若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur’s Organization 現EO)日本初代会長、YEOアジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders日本代表、世界の成長企業(GGC)の共同議長、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)、米国ウィルソンセンターのグローバルアドバイザリーカウンシル等を歴任。
2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設し、現在一般社団法人G1の代表理事を務め、日本のビジョンである「100の行動」を執筆する。
2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げ、現在一般財団法人KIBOWの代表理事を務め、KIBOW社会投資ファンドを組成し運営している。
2016年に水戸ど真ん中再生プロジェクトを始動。
2016年4月からは㈱茨城ロボッツ・スポーツエンターテインメントの取締役兼オーナーとなる。
他には、公益財団法人日本棋院理事。いばらき大使、水戸大使等歴任。
5男の父親で、水泳のジャパン・マスターズに毎年出場している。
著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP研究所)、『吾人(ごじん)の任務』 (東洋経済新報社)、『新装版 人生の座標軸 「起業家」の成功方程式』(東洋経済新報社)、『日本を動かす 100の行動』(共著、PHP研究所)等がある。
堀義人ブログ 『起業家の風景』
Twitter: @YoshitoHori (日本語版)、@YoshiHoriGLOBIS (英語版)


※こちらの対談はPodcastの第36回で配信しております。




関連記事一覧