【えりのブレサン日記】Vol.4 Wake up!!

文=木村英里、写真=オガワブンゴ

【えりのブレサン日記】は、川崎ブレイブサンダースが好きすぎるあまり、あくまでも勝手に!木村英里が川崎ブレイブサンダー愛を綴るコラムです。


「重症だよ」
三遠ネオフェニックス戦後、北卓也HCと会った際HCが真っ先に呟いた言葉。

川崎ブレイブサンダースというチームは、優勝候補。
日本代表も多く抱え優勝争いをして当たり前、そんなチームであるはずが開幕後4勝4敗。
この成績を誰が予想したでしょうか。今節終えてまさかの3連敗。

試合終了と同時に、久し振りに涙が出ました。
悔しいのではなくて、悲しくて。
決して負けたからではありません。
私が大好きな川崎の選手たちではなかったからです。長いことチームを応援していれば、浮き沈みはありますよね。
上手くいかないこともある、私たちも仕事や恋愛、勉強と上手くいかないことが多々あります。
でもどんな時も、諦めない姿勢や闘志、気合を川崎の選手たちはたくさん見せてくれました。
私がこのチームをここまで好きになった理由もそこにあります。そんなきっかけは次回にでも書きますね。

三遠戦。
選手入場の時から気になりました。
選手たちの表情が暗いんです。たしかに、前節アルバルク東京相手に苦い連敗を喫しました。
もしかして、それを引きずっているのかと思いました。気持ちの切り替えが必要なのに。
自信の無さ、不安な気持ちが選手みんなに現れていて。相手に負けたのではなく自分たちに負けてしまったのです。試合も苦しい展開が続きました。ディフェンスを頑張ってもターンオーバーで流れがなかなか来ないことで、焦ってタフショットの連続になってしまいました。
北HCも「ボールがシェアできていない」ということを指摘されていました。

そんな重苦しい試合内容の中、最後も藤井祐眞選手はハッスルプレーを見せてくれましたね!ありがとう、そんな気持ちがしました。
思わず、アリーナMCの高森てつさんも「YUMA TIME!!」なんて叫んでいましたね。

しかし、あのようなプレーに他の選手も引っ張られるはずなのに、続けなくて。試合中気になったもう一点、ベンチもどこか大人しい、というより暗かったです。
川崎のベンチのワチャワチャした雰囲気やみんなで後押しする雰囲気、見ていてとても好きです。
それなのに、みんなが下を向いている。シュートが入らないから、上手くいかないから下を向いてしまうんですよね。
その気持ちは痛いほどわかります。でも、今こそ前をしっかり向いて欲しいと思うのです。

今シーズンのスローガンは何でしたか?
「BE BRAVE」でしたよね。
勇気を出せ、勇士であれ。
私たちファンは、どんな苦境にも真正面からぶつかっていく選手たちの姿に刺激され、教えられ、心を打たれ、恋をするのです。これまでも、これからも。
今こそ、勇士であれ!

シュートが入らなくて本当に苦しいと思います。初心に返って打ち続けることや、逃げずにイライラもせずに・・・簡単なことではないでしょうね。
でも、川崎の選手たちってすごい選手たちじゃないですか!すごい選手たちに、また有能な新外国籍選手が二人加わったのです。

どんなケミストリーがこの先に生まれるのか、どんなチームが完成するのか楽しみです。
サンダースファミリー、家族の一員として、私は家族を信じています!
過密日程、試合翌朝には沖縄へ飛び立ったチーム。
なんとかこのハードスケジュールを乗り越え、ほんの少しだとは思いますが休息を経て、じっくりと練習しチームで向き合う時間ができればどんどん変化、いや進化してくれると思います。

では気持ちを切り替えて。今回もトピックスネタいきましょう!

第5節三遠ネオフェニックス戦は、THUNDERS HALLOWEEN ZOMBIES NIGHTということでゾンビが大量発生。
ずいぶんとキレキレでダンスが上手いゾンビ達でした(笑)お子さんたち、怖くなかったかな?
ハロウィンメイク体験のコーナーもあって、みなさん腕とかに生々しい傷アートが完成していましたね。
ちょっとうらやましいなと思いつつ、さすがにそのメイクで会見場にも行けないので・・・。
私は、すぐに剥がせるシールタイプでハロウィン気分を味わいました。

会場内でお会いした元沢伸夫社長も首に何かが刺さっているじゃないですか!
さらに、ロウルもハロウィンを楽しんでいて可愛かったですね!思わず一緒にお写真を撮っていただきました。

そして、来場のみなさんに配られたゾンビのお面。
選手たち、ノリノリで撮影したのだろうなと容易に想像できる顔揃えで(笑)
お面のお写真撮影に協力してくださったみなさん、ありがとうございました。個人的に付けたいお面はこちら。
北HCのお面でした!北さん、いいですね〜。前のめりな感じ、お気に入りです。
ただ、ぜひとも佐藤賢次ACと勝又穣次ACのゾンビなお顔も見たかったです!
お二人、いつもダンディーじゃないですか。だから、ギャップあるお姿もいつか見てみたい・・・お願いします!!
何かがおかしいTシャツもチェックしてきました。
篠山選手と藤井選手バージョンがあるのですが、
なぜかお顔が逆さま。
あれ?
タグが付いている・・・ということは!
そうです。
ロバートの秋山さんみたいになりきれちゃうんですね!これは面白い。
でも、ちょっと着る時のことを考えると、素肌側に選手のお顔。
なんとも恥ずかしくて着られそうにありません(笑)
さて、最後はもはやこのコラムのレギュラーになりつつある川崎のオシャレ番長に締めていただきましょう。
今節を前に、通訳・大島さんより「ハロウィンカラーで行きます!」とまさかの事前申告が!
オシャレ番長自らネタ出しをしていただき恐縮でこざいます。全面協力なご姿勢、本当にありがとうございます。
チームのみなさん、ファンのみなさんがいつも協力してくださるからとても嬉しいです。
そして、コート上に現れたハロウィンカラーのパンツを履いた大島さんがご登場。
眩しい!なかなかそのオレンジ色のパンツを履きこなした男性、お会いすることありません。よくお似合いですね!
昨シーズンのレギュラーシーズン最終戦。川崎はアウェーでシーホース三河と対戦しましたよね。
その際に、日本代表のラマスHCも視察にいらしていました。私の後ろの席で観戦されていたのですが、
ラマスHCが、「オレンジだ!オレンジだ!」とおっしゃるのです。「何が?」と思ったら・・・大島さんのパンツのカラーのお話で!(笑)
日本代表HCにまで注目をされるオシャレ番長のカラーパンツ!これからも目が離せません!!

さぁ、明日にはもう琉球ゴールデンキングス戦ですね!
疲労も溜まっているでしょうし、メンタル的にもキツイ、タフな試合になると思います。
でも、思いっきりプレーしている姿が、バスケを楽しんでいる姿が見られますように。
仲間を信じてファミリーを信じて。沖縄へは行けなかったけれど、沖縄に向かってエールとパワーをみんなで送りましょう!!

「BE BRAVE!!」

川崎ブレイブサンダース
《クラブ》力強くスピード感あふれるプレーで、最後まであきらめず勇敢に戦う戦士達を意味しています。
《ホームタウン》神奈川県川崎市
https://kawasaki-bravethunders.com/

木村英里 Eri Kimura
バスケの魅力にハマったフリーアナウンサー。テレビ静岡・WOWOWを経て現在はラジオDJ、司会、ナレーション、ライターとしても活動中。川崎ブレイブサンダースファン。
twitter:@kimuraeri / Instagram:@39elly39

関連記事一覧