• HOME
  • 記事
  • kimura eri
  • 【えりのブレサン日記】Vol.22 大好きな川崎ブレイブサンダースが帰ってきました!

【えりのブレサン日記】Vol.22 大好きな川崎ブレイブサンダースが帰ってきました!

文=木村英里

【えりのブレサン日記】は、川崎ブレイブサンダースが好きすぎるあまり、あくまでも勝手に!木村英里が川崎ブレイブサンダー愛を綴るコラムです。

お帰りなさい!チケット完売となったとどろきアリーナは、まさにワールドカップ出場を決めた日本代表組を、みな同じ思いで迎えていましたね。中断期間、サンダースロスになっていたこともあって、久し振りに試合が見られる嬉しさが普段の何倍も。格別でした!GAME1は延長戦の末、89−80の勝利。GAME2も85−76と川崎の連勝にニッコリ。

上昇気流に乗れ!

中断前後の試合を見て、みなさんはどのように感じられましたか?
私は、選手たちの表情やチームの雰囲気、みなぎる自信を感じたのです。
この中断期間、基本に立ち返って練習を積んだメンバーに加え、自力でワールドカップへの切符を掴み取った代表組がとてつもない自信とパワーを持って帰ってきたことで、上昇気流が巻き起こったようです。
GAME2後、北HCとそんなお話をさせていただきましたが、「代表組が厳しい世界についてや目標に向かってハードにやろうと話をしてくれたので、雰囲気的には良かったと思う」とおっしゃられていました。
また、「代表不在中も、いい練習ができたので、試合の中でも練習していたことが出せた」と自信をのぞかせました。
もちろん代表組は、中断中に取り込んだことを説明すれば、バスケットIQが高い選手たちですから、すぐに理解し遂行してくれたというわけです。
あれだけ疲れている中、本当に素晴らしい選手たちだと思いました。
そして改めて、基礎がいかに大切かを感じましたし、この中断期間が川崎ブレイブサンダースにとっては、とてもいいように作用したのではないかと思っています。

オメデトウ・オメデトウ・オメデトウ

ワールドカップ出場に、母校のネバダ大学で永久欠番、そしてBリーグ通算4000得点達成!すごすぎる川崎の、日本の誇り、ニック・ファジーカス選手にお話を伺ってきました。

この1週間について伺うと「Very special special week!」、そう笑顔で語ったニック・ファジーカス選手の嬉しそうなこと。
「大学が永久欠番にしてくれたことが、今までのバスケ人生で一番特別なことだった」と夢が叶った嬉しさが滲み出ていました。
「ワールドカップを決めたことも誇りに思っている。ワールドカップ出場は今までに経験のないことだから、今からワクワクしている」と答えてくれました。ワールドカップで我らの大エースがどんなプレーを見せてくれるのか、楽しみで仕方がありません!
ちなみに、疲れや時差ぼけが敵、さらには練習ができていなかったわけですから、プレータイムをコントロールしていました。
でもご本人は「まだできたかな」ニック・ファジーカス選手は本当にタフですね。これからもどんどん得点を量産してくださいね!

ベストを尽くした

ショートドレッドヘアに変身していたシェーン・エドワーズ選手の活躍について北HCは、GAME1・2ともに「素晴らしい」「いい活躍をしてくれた」「今の活躍をしてくれると今後が楽しみ」と高評価なだけでなく、今後の期待の高さも伺わせました。
というわけで、シェーン・エドワーズ選手にもお話を伺ってきましたよ。
怪我をしていた間、チームを外から見ていて「小さいことにも色々気が付く。自分が戻ったらどうしたらいいのかを考えて、リバウンドや走ることもできる。そう思いながら戻ってきて、今日は意識してプレーをしていた」と試合についても振り返ってくれました。
やりたかったことを表現できましたか?と伺うと、「間違いない。ベストを尽くしてプレーができた。勝利に貢献できてよかった。こんなにプレータイムが伸びると思わなかったけどね(笑)」と答えてくれました。
プレーができる、試合に出られる嬉しさや、自分がすべきこと、求められていることを表現できた自信、そういったものがシェーン選手の眼差しから伝わって来る気がしました。シェーン・エドワーズ選手って、とても物腰柔らかく穏やかにお話されるので、コート上の姿とのギャップがあるんですよね。
北HCの言葉通り、今後を楽しみにしています!

おじゃましました

2階から「えりさ〜ん」と呼ぶ声がしたので足を伸ばしてみました。
するとそこにはとても賑やかなお席が。たくさんのメッセージに溢れたテーブル席で、グルメ付きだからおいしい香りも漂っていました。
ファンのみなさんの、ワールドカップ出場や、ニック・ファジーカス選手の永久欠番などなどお祝いする気持ち、選手たちにも絶対伝わっているはず!混ぜてくださってありがとうございました。

ワイルド鎌ちゃん

お髭姿に驚かされました。鎌田裕也選手。似合いますね。
記者席に座る女性陣からは、「勝又穣次AC路線だね」なんて声が上がっていましたよ。

オシャレ番長の挑戦と「春よ、来い」

最後にいつものコレ、やっていきましょう。恒例のファッションチェック!
GAME1、通訳・大島頼昌さんのファッションに私は三度見しました。
というのも、迷彩柄のパンツに、パープルのギンガムチェックのシャツ、そこに合わせたのは犬のダックス柄のネクタイ!そう、「柄×柄×柄」だったから。柄に柄を合わせることは難しいと教わってきました。そこにさらに柄を合わせるという、大島さん。
突っ込もうとしたら、まさかの大島さんから今回もきました、逆質問!「この迷彩パンツ気が付きました?」
大島さんファンのみなさん、気が付きましたか?なんと、今回の迷彩パンツ、おニューなんです!(笑)
これまで履かれていたのは、ポケットがポイントになった迷彩パンツでしたからね。
そして今回のファッションが生まれたウラ話もしっかり伺いました。最初は、白いシャツを合わせようと思っていたそうです。
でも、パープルのギンガムチェックを合わせてみたら「意外に合うな〜これにしよう!」とのこと。さらに、わんちゃんが大好きな大島さんらしいネクタイを組み合わせられたのでした。ちなみに、ダックスのシャツなどもお持ちなんだとか。今度、ぜひ!

そして、ひな祭りだったからか、春が待ち遠しいからか、ピンクも眩しかったですね。
GAME1の勝又AC、GAME2の大島さんも。ワイルドな男性のピンクって、私は好きなんですよね。
シェーン選手の話し方と同じで、これもギャップ萌えですね。
佐藤賢次ACも薄いピンクのネクタイとか似合うと思うのです。最近はノーネクタイスタイルの北HCは、ピンクのチェックシャツとかいかがですか?桜の頃とかに、川崎のコーチ陣もサクラ色なんて姿をいつか見てみたいです。

 
 
サンロッカーズ渋谷のデイビッド・ナースアドバイザリーコーチもカッコよかったですね(小声)

川崎ブレイブサンダース
《クラブ》力強くスピード感あふれるプレーで、最後まであきらめず勇敢に戦う戦士達を意味しています。
《ホームタウン》神奈川県川崎市
https://kawasaki-bravethunders.com/

木村英里 Eri Kimura
バスケの魅力にハマったフリーアナウンサー。テレビ静岡・WOWOWを経て現在はラジオDJ、司会、ナレーション、ライターとしても活動中。川崎ブレイブサンダースファン。
twitter:@kimuraeri / Instagram:@39elly39

関連記事一覧