【えりのブレサン日記】Vol.16 一瞬たりとも気を抜けない!

文・写真=木村英里

【えりのブレサン日記】は、川崎ブレイブサンダースが好きすぎるあまり、あくまでも勝手に!木村英里が川崎ブレイブサンダー愛を綴るコラムです。

今シーズン3戦目の神奈川ダービーは横浜ビー・コルセアーズのホームで行われました。70−79で勝利し対戦成績を13勝に伸ばした川崎ブレイブサンダース!
でも、満面の笑顔ではない理由・・・

HCからのメッセージ

試合後の会見で、北卓也HCが「勝てて良かったですが、内容的には良くなかった。」と少々険しいお顔を覗かせました。
立ち上がりや10点差近く離れた時、さらにはイージーなミスなどもあったことを挙げられ、
「こういうゲームをしていると上位チームには勝てない・・・」と苦言を呈されていました。
「選手たちがどう思うか。どうしていかなければいけないか考えなければ。」そんな風に選手たちへメッセージを送られたのです。
常勝チームは勝って当たり前、強くて当たり前、油断も隙もなく・・・もっともっとレベルを上げていくんだぞ!という静かな闘志を垣間見ました。

試合中、選手を呼び寄せる北HCのお姿を見ますよね。
時に厳しく、時に優しく。北HCの表情や仕草を見ればよくわかります。
私がこっそりチェックしている「北タイム」。
首を傾げたり、首をすくめたり、苦笑いしたり。そういう仕草は良くない展開やミスの時が多いのですが。
これは呼ばれるなと思うと、案の定北HCが選手を呼び寄せますよね。横浜戦でも何度か見られました。
試合に勝つためだけではなく、常勝チームであるために、優勝するために、深い想いとメッセージが込められているゲキなのでしょうね。

いざ、ブレアリへ!

中一日で栃木ブレックス戦。このハードな過密スケジュールを前に、何が大事かを北HCに伺ってきました。
まず一つ目のポイントに挙げられたのは「メンタル」。
「ネガティブにならないこと!シュートが入らない時に、ディフェンスに戻らないなんて隙を栃木は突いてくるのが上手いですから。」
そして二つ目は、「理解力と遂行力」。中一日、移動もあるのでそんな練習もできない中、「やろうとしていることをどれだけ理解して試合で出せるのかですよ。」

横浜戦を見ていて、藤井祐眞選手の顔色があまり良くなかったので気になりました。それでも体を張ってプレーし、必死にボールを追いかける藤井選手。過密日程で疲労も溜まっているでしょうし、これだけインフルエンザも流行っていると言われる日々・・・私たちファンは応援してあげることしかできませんが、どうか無事に乗り切ってくれますように。

そんな中、間違いなく総力戦になるであろう試合を前に、若手選手たちが出場した際「あの栃木の黄色い大声援の中でパフォーマンスできるかも重要。」とおっしゃられていました。アーリーカップで戦った場所と言えど今回は他チームのファンの方もいらっしゃらないので、また雰囲気が違いますよね。その中でも気負うことなく伸び伸びとプレーしている姿を是非見せてくださいね。

また栃木の終盤も警戒されていました。「前回対戦でも、最後にルーズボールやリバウンドから負けてしまったので、終盤も意識をどれだけ持っていられるか。」
立ち上がりが大事!隙を見せず、切り替えを早く!終盤も意識して!要するにずっと大事ということですね(笑)
現地で応援する方も画面越しに応援する方も、まさにファンも総力戦!前回の借りを返しましょう!!

 
 

それでは、プチトピックスを。

地元凱旋

Bリーグ初年度、篠山竜青選手はこんなことをぼやいていました。
「地元の横浜に試合で来たら、お帰り!みたいなのがあると思ってたのに全然無かった!」ちょっぴり欲しがりなキャプテン。
Bリーグも3シーズン目を迎え、今回は「横浜市出身」だけでなく「今日は鱒寿司を持っていない」なんて、先日のオールスター入場シーンにまで触れていただいていましたね!篠山選手のニヤリなお顔、みなさんもご覧になったはず。
横浜の竹田謙選手のことも「川崎市出身」と触れていらっしゃったり「神奈川ダービー」ならではの演出やコメント、素敵だなと思いました。

お話は篠山選手に戻りますが、そんな選手紹介と地元の歓迎に気を良くしてか(?)4Qにオシャレすぎるビハインドパス!
パスを受けた林翔太郎選手も見事スリーポイントシュートを決め、川崎ベンチもファンも大盛り上がり!
あのシーンには、私だけでなく記者席でも「オシャレ!」「上手い!」が漏れました。
大きな声ではコメントできませんが、記者席の目の前だったのでみなさん声が漏れますよね(笑)。
キャプテン、かっこ良かったです!でも目の前すぎて、お写真に収めることができなかったことが残念。

川崎のイケメンと渋メンとブラッドオレンジと

髪を切った辻直人選手や北HC、さらにはお髭を剃っていた佐藤賢次ACとみなさんが、
さっぱりスッキリ爽やかでカッコ良かったですね!イケメンはなんでも似合ってしまう。

そして川崎のオシャレ番長、今節のファッションもチェックしましょう。
通訳・大島頼昌さんに、ダークなお色のパンツは「何色って言うんですか?」とお伺いしたところ、
「オレンジ色のコーデュロイですね。ブラッドオレンジみたいな感じです。」と、パンツの材質まで教えてくださる番長!
そして、ただのオレンジではなく「ブラッドオレンジ」ですよ。
先週のお花に続き、今週はフルーツ。さて、明日からの栃木戦ではどんなファッションを見せてくれるのでしょうか。楽しみです!

 
 

22日がお誕生日だった新戦力・増田啓介選手の写真を撮って、「おめでとう」のご紹介をしようと思っていたら体調不良・・・なんてこった!
お大事に。

川崎ブレイブサンダース
《クラブ》力強くスピード感あふれるプレーで、最後まであきらめず勇敢に戦う戦士達を意味しています。
《ホームタウン》神奈川県川崎市
https://kawasaki-bravethunders.com/

木村英里 Eri Kimura
バスケの魅力にハマったフリーアナウンサー。テレビ静岡・WOWOWを経て現在はラジオDJ、司会、ナレーション、ライターとしても活動中。川崎ブレイブサンダースファン。
twitter:@kimuraeri / Instagram:@39elly39

関連記事一覧