【えりのブレサン日記】Vol.11 ハッピー・メリー・サンダース!?

文=木村英里、写真=木村英里、橋本J

【えりのブレサン日記】は、川崎ブレイブサンダースが好きすぎるあまり、あくまでも勝手に!木村英里が川崎ブレイブサンダー愛を綴るコラムです。

ブレイブサンダースファンのみなさん、メリークリスマス!!
いざ「勝利」というクリスマスプレゼントを受け取りに、とどろきアリーナへ。

21日に行われた名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦GAME1は、前節、失格退場となったためニック・ファジーカス選手が出場停止。
さらには、体調不良のため篠山竜青選手はベンチスタート。
スタメンには、林翔太郎選手が入りました。
1Qで13点。厳しい立ち上がりでしたね。5分も経たずにキャプテンがコートへ。しかし前半が終わった時点で、28−45と17点のリードを許していました。
3Qに流れを変えたのは、やっぱり篠山選手!顔色があまり良くないのに・・・。どんな状態でもファイトする姿勢を見せてくれました。早く体調が戻りますように。
しかし追い上げも一歩及ばす78−80で敗戦。

試合後の会見場で、北卓也HCは「前半の劣勢からよくカムバックした」と評価をしつつも、
最後にシュートで終われなかった2つのプレーを問題視。
「バスケットカウントを決めるくらいにならないと!勝負所が弱いなと思います。」とコメントされました。

前節の富山戦でも控え選手の得点についてのお話がありました。
そして、この試合でもバーノン・マクリン選手が40分間フル出場し35得点という活躍を見せてくれましたが、
5選手しか得点していないことについて触れられました。
「よく78点取ったと思いますが、経験が無いからか若い選手なので。
緊張なのか自信が無いのか・・・何かしらプラスになる働きをもっともっとして欲しいなと思って期待はしています。
そこは待つしかないのかなと思います。
思い切ってシュートは打つんですけどなかなか入らず、ディフェンスで奮起して欲しいところもなかなかということがあったので。」
待つしかないけれど、試合は待ってくれません。
すぐにまた次の試合・・・なんですよね。
試合後、佐藤賢次ACや勝又穣次ACとシュート練習に取り組む若手選手たちの姿をよく見かけます。
頑張っているんです!だから、自信を持って思いっきり!プレーをする姿を見せてくださいね。
そして若手選手だけでなく、チームもファンもみんなで成長を!

そんな時、ベンチにあの選手の姿が!
お帰りなさい、辻直人選手!
辻選手の笑顔が見られてほっとしました。
試合中、チームメイトにアドバイスをするシーンもありましたね。
苦しい時間帯、若手選手たちにとっては辻選手からの助言も必ず活きてくるはず。たとえプレーができなくても心強い。
お祭り男のプレーを見られるのはまだ先のことですが、少しずつリハビリもされているということなので楽しみに待ちたいと思います。
辻選手、まずはベンチをお願いします!

GAME2、帰ってきたニック選手!
そして、今シーズン初登録となったのはバンバ・ジュフ選手です。
大きな歓声に迎えられていましたね!
1Qはまたも12得点と重たいスタートとなりましたが、延長戦の末に見事勝利を掴みました!
もちろん、ニック選手の33得点19リバウンド、ダブルダブルの活躍も素晴らしく。
ただGAME2終了後は、このお二人のお話を聞いてきました。

チャンスはしっかり使わないといけない!

まずお一人目は、やはりバンバ選手です!
「チームにエナジーを与えてくれた!」と北HCの言葉通り、4Qのブロック2本は流れを変えるプレーでしたよね!
他にもリバウンドダンクやスリーポイントシュートなど印象に残るプレーがありました!
見ている私たちにも気持ちが伝わってくるプレーで興奮しました!バンバ選手、カッコよかったです!

そんなバンバ選手ですが「やはり最初は緊張もあって重かった」そうです。
でも「自分の役割は何をやらなくちゃいけないとか、何をやった方が良いとかを頭に入れて、コートに入ったらちゃんと出しましょう」と考えていたとのこと。
リバウンドダンクは気持ちが良かったと笑顔を見せつつ、4Qのブロックについては「練習でやっていた通り、ヘルプに行かなくてはいけない。
自分の役割をやりました。」やるべきことをやったと淡々と語るバンバ選手。
「練習は選手だから毎日毎日しないといけないこと。出ても出なくても練習しないとパフォーマンスは落ちる。
毎日、佐藤ACや勝又ACと試合に出なくても一緒に(レベルの)高い練習をしていたから、今日は助かりました。
チャンスをもらったら、そのチャンスはしっかり使わないといけないですよね。
今日やったことはシーズン終わりまで続けないといけないです。」そう日頃の練習を振り返っていました。

ベンチに登録されないという厳しい現実の中でも腐ることなく、メンタルを保つことは「めちゃくちゃ難しいです。」と
語ったバンバ選手が活躍できた理由は、まさにメンタル作りがきちんとできていたから。
「メンタルが無いと、スポーツ選手にはなれないですよね。試合出られないから終わりではなく、試合出られなくても目指すのは今じゃない。
将来もあるし、ここではない違うところもあるし。それを頭に入れて毎日練習を頑張りました。」
そう前をきちんと見据えてしっかり語るバンバ選手。誰よりプロフェッショナル。
今できることをひたすら努力し続けているんですよね。
昨シーズン、お話を伺った頃よりとても大人に、大きな選手になった、そんな気がしました。

最後に、大きな歓声で迎えてくれたファンのみなさんへ「川崎ブレイブサンダースファンのみなさんは、本当にすごいですよ!みなさん、本当にありがとうございます。また今度も応援に来てください!待ってます!!」と語ってくれましたよ。
ぜひ、これをきっかけに、ニック選手、バーノン選手、シェーン選手にはない魅力や引き出しがあるのですから、また活躍を見たいと思います!
そして、バンバ選手のプレーに刺激を受けた選手もいるはず!

川崎のエースの一人です!

続いてお話を伺ったのは、今や川崎ブレイブサンダースのエースの一人!
藤井祐眞選手です。
GAME2翌日がお誕生日ということで、インタビューは「明日、お誕生日おめでとうございます!」からスタートしました。
「前日だから」なんて言いつつも、見事バースデーイブを勝利で飾ることができましたね。
藤井選手、改めておめでとうございます!

さて、スタメンとして出場を続ける藤井選手ですが、立ち上がりが苦しかったり接戦となったりする試合が多い中、どんな思いで試合に臨んでいるのでしょうか。
「立ち上がり重くなり過ぎないようにディフェンスを激しく、そこから走ろうと思ってはいるのですが、なかなかそういう状況が作れなかったり。積極的にいかなきゃと一人一人がそう思っていて、ミスだったりターンオーバーになり相手に走られるケースが多いです。」そう今のチーム状況を冷静に語る藤井選手。
課題として「一人一人が強い気持ちを持つのは良いのですが、フィニッシュは自分じゃなくても回して、リングにアタックした後の合わせまでしっかりやっていければミスも少なくなっていくと思うので、もっともっとコミュニケーションを取ってターンオーバーを減らしていけたらいいなと思っています。」とおっしゃっていました。
やっぱりチームの中心選手。

オフェンスもディフェンスもチームを引っ張り奮闘する姿を見れば、みなさん同じことを感じているはずです。
「今や川崎のエースですからね!」と声を掛けると「いやいやいや!」と照れ笑いをしながらも「辻さんのポジションをやらなければいけないと思うんですけど、辻さんみたいにチャンスメイクもできないし、辻さんの方がシュート入りますし、アシストも辻さんの方が上手いですし。
逆にそういうことはできなくても、リングにアタックしていって、相手のディフェンスをかき乱したり、ディフェンスでプレッシャーかけたりアグレッシブにいったり、リバウンドやルーズボールのところでハッスルできればチームにいい影響を与えられると思っているので意識してやっているところです。」と謙遜したコメント。
辻選手のようなプレーではなく、藤井選手らしいプレーに私たちは何度も興奮させられ、感動させられているわけで。
試合前、会場で流れる「BE BRAVE」の中でも、歴代HCや北HC、佐藤ACが語っていらっしゃいますよね。
「泥臭いことを一生懸命やる」
「転がっているボールを椅子があるところに飛び込んでいったり、体を張ってディフェンスしたり、常に一歩勇気を持ってチャレンジ」と。その川崎らしさを今最も体現しているのは、藤井選手ではないでしょうか。
ぜひ、これからも川崎のエースとしてチームを引っ張っていってくださいね!

 

 

さぁ、ここからはプチトピックスをいくつか。

未来のBリーガー!?

GAME1、記者席の前に元気いっぱいに応援している高校生軍団がいました。
高校1年生で、バスケ部に所属しているそうです。そして、初めて観戦に来てくれたんだとか。
勝ち試合を見せてあげられなかったことは残念ですが「追い上げて接戦になって盛り上がった!また来たい!」そんな感想が聞こえました。
ぜひ、またみんなで応援に来て欲しいですね。そして、その時は一緒に勝利の喜びを分かち合いましょう!

 

 

クリスマスファッション賞

スーツ萌えな私の密かな楽しみ、それはコーチ・スタッフ陣のファッションチェックをすること(笑)
きっと、そんな女性ファンの方も多いはず。
GAME1では、勝又ACのネイビーのスーツ、ネクタイに黒のシャツという組み合わせにグッと来ました。
着こなす勝又AC、さすがです。

そしてGAME2は、佐藤ACも勝又ACもクリスマスカラーのネクタイで登場!赤いネクタイ姿、いつもより少しだけキュートで。お二人ともお似合いでしたね!
そして、佐藤ACのグレーのスーツ姿は珍しい!素敵じゃないですか。クリスマスに、いつもと少し雰囲気の違うスーツファッションを披露してくれた佐藤ACに、勝手にクリスマスファッション賞を贈呈したいと思います!笑

 

 

オシャレ番長は別次元!?

ちょっと待って!クリスマスファッション賞はあの方じゃないの?と思われた方もいらっしゃいますよね。
えぇ、川崎のオシャレ番長である通訳・大島頼昌さんも素晴らしいファッションでした。
赤いパンツかなと想像していたら、クリスマスツリーカラーでシックな深緑色のパンツでご登場。
さらに濃い紫色のベロア素材のジャケットで高級感漂う雰囲気。胸元には、ピンクのバラのコサージュまで!
オシャレ度、文句無しです!もちろん、クリスマスファッション賞、ダントツの候補者だったのです。
が、しかし!試合後に「大島さん、今日はクリスマスファッションですか?」と伺った時のこと。「いや、そうじゃないんですよ〜たまたまで。」
・・・え?・・・大島さんクラスのファッショニスタともなると、クリスマスを意識せずともあのようなコーディネートが完成してしまうそうです(笑)恐れ入りました!

オシャレ番長、もはや別次元です。

川崎ブレイブサンダース
《クラブ》力強くスピード感あふれるプレーで、最後まであきらめず勇敢に戦う戦士達を意味しています。
《ホームタウン》神奈川県川崎市
https://kawasaki-bravethunders.com/

木村英里 Eri Kimura
バスケの魅力にハマったフリーアナウンサー。テレビ静岡・WOWOWを経て現在はラジオDJ、司会、ナレーション、ライターとしても活動中。川崎ブレイブサンダースファン。
twitter:@kimuraeri / Instagram:@39elly39

関連記事一覧